わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 出群 黒 ヒョウ柄 ブラック ペットグッズ ブラウン メッシュ パープル お散歩グッズ 茶色 紫 ペット用 レオパード ペット お散歩リュック お散歩 /,黒,www.goodlifeia.com,抱っこリュック,犬,ブラック,ヒョウ柄,抱っこもおんぶもできる,カレル,2380円,リュックキャリー,お出かけ抱っこリュック,ペット用,レオパード,犬用品,小型犬,メッシュ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , キャリーバッグ・カート , リュックキャリー,お散歩,抱っこ,ブラウン,お散歩リュック,わんちゃんといつでも一緒,ペットグッズ,お出かけ,リュック,抱っこ紐,おんぶ,おんぶ紐,紫,茶色,ペット,/bespeakable1890658.html,パープル,karluv.,お散歩グッズ わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 出群 黒 ヒョウ柄 ブラック ペットグッズ ブラウン メッシュ パープル お散歩グッズ 茶色 紫 ペット用 レオパード ペット お散歩リュック お散歩 2380円 わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック / リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 ペット ペット用 ペットグッズ お散歩 お散歩グッズ お散歩リュック メッシュ パープル ブラック ブラウン レオパード 紫 黒 茶色 ヒョウ柄 ペット・ペットグッズ 犬用品 キャリーバッグ・カート リュックキャリー /,黒,www.goodlifeia.com,抱っこリュック,犬,ブラック,ヒョウ柄,抱っこもおんぶもできる,カレル,2380円,リュックキャリー,お出かけ抱っこリュック,ペット用,レオパード,犬用品,小型犬,メッシュ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , キャリーバッグ・カート , リュックキャリー,お散歩,抱っこ,ブラウン,お散歩リュック,わんちゃんといつでも一緒,ペットグッズ,お出かけ,リュック,抱っこ紐,おんぶ,おんぶ紐,紫,茶色,ペット,/bespeakable1890658.html,パープル,karluv.,お散歩グッズ 2380円 わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック / リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 ペット ペット用 ペットグッズ お散歩 お散歩グッズ お散歩リュック メッシュ パープル ブラック ブラウン レオパード 紫 黒 茶色 ヒョウ柄 ペット・ペットグッズ 犬用品 キャリーバッグ・カート リュックキャリー

わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 正規品 小型犬 出群 黒 ヒョウ柄 ブラック ペットグッズ ブラウン メッシュ パープル お散歩グッズ 茶色 紫 ペット用 レオパード ペット お散歩リュック お散歩

わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック / リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 ペット ペット用 ペットグッズ お散歩 お散歩グッズ お散歩リュック メッシュ パープル ブラック ブラウン レオパード 紫 黒 茶色 ヒョウ柄

2380円

わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック / リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 ペット ペット用 ペットグッズ お散歩 お散歩グッズ お散歩リュック メッシュ パープル ブラック ブラウン レオパード 紫 黒 茶色 ヒョウ柄











わんちゃんといつでも一緒。抱っこもおんぶもできるお出かけ抱っこリュック

抱っこが好きなわんちゃんや目が離せないとき、
両手がふさがって抱っこしてあげられなくても抱っこ紐があればいつでも一緒にいられます。

紐も調整ができ、抱っことおんぶ両方出来ます。
BLACK(ブラック)とPURPLE(パープル)のボディ部分はメッシュ素材を使用しているので、通気性抜群。
BROWN(ブラウン)はレオパード柄が目を惹きます。
ネック部分は伸縮性があるのでわんちゃんも快適です。

抱っこ姿がかわいく、注目の的になること間違いなしです。

※仕入れ時期によって、実物と写真の色味や仕様が若干異なる場合がございますのでご了承ください。
※返品交換は受け付けておりません。ご了承ください。
※5営業日以内にご指定の送付先へ発送いたします。
※土日祝は休業日となります。

品番:KA-003

【素材】
BLACK(ブラック) / PURPLE(パープル):ポリエステル100%
BROWN(ブラウン):表地(レオパード柄部分) 綿100% 別布 ポリエステル100%

【カラー】
BLACK(ブラック) / PURPLE(パープル) / BROWN(ブラウン)

【サイズ】
Mサイズ

【寸法】
Mサイズ:バスト43cm / 長さ34cm / 前後足の間隔13cm / 重さ2.5~3.5kg以内

わんちゃんといつでも一緒 抱っこもおんぶもできる お出かけ抱っこリュック リュックキャリー karluv. カレル お出かけ 抱っこリュック / リュック 抱っこ おんぶ 抱っこ紐 おんぶ紐 犬 犬用品 小型犬 ペット ペット用 ペットグッズ お散歩 お散歩グッズ お散歩リュック メッシュ パープル ブラック ブラウン レオパード 紫 黒 茶色 ヒョウ柄

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
システムキッチン アレスタ リクシル 流し台 リフォーム DIY システムキッチン アレスタ 壁付I型 シンプルプラン フロアユニット 食洗機なし 間口255cm 奥行65cm グループ5 LIXIL リクシル 流し台 リフォーム DIY セミオーダー システムキッチン 高級感 おしゃれ 安い キッチン 建材屋



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Amazonベーシック バックパック クラシック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. スエカゲツール コンビネーションラチェットレンチ ■Pro-Auto フレックスダブルギアレンチ8mm DFG08(2507766)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
キーループと二重構造ポケットで利便性アップ ワンピース 白衣 whisel ホワイセル wh12000 半袖 女性用 レディース 自重堂 メディカルウェア 医師 医療用白衣 制菌 帯電防止 ストレッチ 透け防止 吸汗速乾【4L】カレル HIPHOP お出かけ わんちゃんといつでも一緒 ワイドパンツ エアロビクスウェア カジュアル 名入れジャージー お散歩 マラソン 加圧トレーニングスポーツウェア セットアップジャージ ジャージー 犬用品 メッシュ 抱っこもおんぶもできる 抱っこ 犬 茶色 ポスト スウェット トレーニングパンツYOGA レディス用 ゴアパンツ 抱っこリュック スポーティー レオパード 楽ちんパンツ レディース用 置き配 カジュアルウェア ヨガスパッツ ストレッチパンツ ヨガウエア ベリーダンス ランニングウェア セットアップ 紫 おんぶ紐 ヒップホップ 宅配ボックス 脚長効果 トレーニングウェアスポーツスパッツ サルサ お散歩グッズ ヒョウ柄 ゴルフウェア お好みのサイジングでスタイリッシュにも メンズ ジャザサイズなど マタニティヨガ お散歩リュック ブラック ペット ランニングスパッツ 用途:フィットネスウエア パンツ フィットネスウェアとしても 女性用 お出かけ抱っこリュック イージパンツ パープル 抱っこ紐 リュック ダンスウェア ジョギングウェア 楽ちんワイドパンツにもなります 婦人用 ジャージ コアリズム アメカジ メンズ用 スウェットパンツ karluv. 名入れでオンリーワンなジャージパンツ選べるボディカラーバリエーションは5タイプシルエット 黒 レディース オールシーズン使える快適なジャージ素材で着用感もバツグン 普段着 ヨガウェア リュックキャリー ブラウン イジーパンツ ランニング ジャズダンスパンツ 部屋着 7.0オンス ウエストゴム仕様で楽ちんなのでルームウエアとしてもオススメです おんぶ 宅配業者1 小型犬 アウトドア 名入れのプリントカラーは全17色から選択可能スタッフのコメント:快適なポリエステル素材のサイドラインが使いやすい全5カラー サイドライン ストレート おしゃれジャージ ペット用 ヨガパンツエクササイズウェア 3486円 アウトドアにも最適です ペットグッズ ピラティスウェア クールにキマルおしゃれなダブルサイドラインで美脚足長効果抜群 商品詳細 ロングパンツシルエット【中古】 【輸入盤】Sharpay’s Fabulous Adventure/(オムニバス) 【中古】afb抱っこ紐 オンライン解説動画※フラッシュペーパーをご用意ください Nicholas なるべく派手に見えるように精密設計 ※2週間後のお届けです レオパード フレア~Flare 抱っこもおんぶもできる 抱っこ By Lawrence~ お散歩リュック 黒 お散歩グッズ karluv. ペット パープル ヒョウ柄 リュックキャリー 配送対応商品です リュック おんぶ なるべく派手に見えるように精密な設計 小型犬 メンテナンスパーツ おすすめポイント 7685円 カレル おんぶ紐 犬 この商品は ブラック 紫 ブラウン お散歩 空の手から火の玉が出たような演出も可能 わんちゃんといつでも一緒 お出かけ抱っこリュック ペットグッズ 抱っこリュック 火の玉噴射機 ペット用 充電器 商品内容特製ギミックペン 電子着火式で繰り返し利用可能 茶色 犬用品 お出かけ メッシュCadral Candle Company Home Kitchen Home Dcor Products Candles Holders Candles Pillars 【ギフトラッピング】 Cadral Candle Company キャンドル ろうそく 海外インテリア ギフト プレゼント 【CathedralBrand51%BeeswaxShort】ペット サッシ用の補助錠金具です サッシ締り 抱っこもおんぶもできる サイズ個装サイズ:1×12×7cm重量個装重量:135g生産国日本 在庫状況によっては欠品 karluv. おんぶ紐 あらかじめご了承ください ペット用 大 お出かけ抱っこリュック 紫 離島への配送は別途追加送料が発生いたします 1554円 ペットグッズ 予めご了承ください 抱っこリュック 抱っこ紐 沖縄 00071182-001 おんぶ 2個入 犬 カレル お出かけ 黒 リュック リュックキャリー 廃盤の可能性があります G-182 レオパード お散歩リュック メーカーより取り寄せ商品のため パープル メッシュ わんちゃんといつでも一緒 小型犬 お散歩グッズ ヒョウ柄 ブラウン 薄口 詳細納期はお問い合わせください お散歩 犬用品 北海道 茶色 抱っこ ブラック送料無料 ヤマモリ トムヤムクン 180g 10箱 一般食品 レトルト食品 スープ タイ 1人前 送料無料 【2ケースセット】ヤマモリ トムヤムクン 180g×5箱入×(2ケース) ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。お散歩グッズ リュックキャリー サイズなどを含む製品の詳しい仕様はメーカーホームページ等にてご確認ください コンドル 犬用品 長さ ペットグッズ お散歩リュック ヒョウ柄 黒 パープル ジョイント式スノコです :13サイズ スノコ 小型犬 ブラック 特長 karluv. 犬 イメージ ブラウン レオパード セット内容 の場合が御座います 仕上 茶色 1枚 メッシュ お出かけ抱っこリュック 抱っこ 113円 ペット 製品の仕様 抱っこ紐 幅 水まわりや通路に 用途 外観等は予告なく変更される場合が御座います 色:グリーン mm 抱っこもおんぶもできる 北海道 材質 195-0970 抱っこリュック 付属品 ペット用 紫 :300 おんぶ紐 製品の色 発注コード ポリエチレン仕様 カレル 山崎産業 :300×300仕様2-注意 わんちゃんといつでも一緒 水切りユニット グリーン お出かけ 厚さ リュック 沖縄 離島は別途追加料金が必要となります 製品画像は代表画像 おんぶ お散歩 品番:4903180132430[PA47] 1m アクセサリーパーツ ボールチェーン 真鍮 ネックレス キーホルダー ブレスレット 素材 材料 ゴールド ハンドメイド パーツ 部品 [PA47] 1m アクセサリーパーツ ボールチェーン 真鍮 ネックレス キーホルダー ブレスレット 素材 材料 ゴールド ハンドメイド パーツ 部品お散歩リュック パープル DIYのイヤリングのための最良の選択ジュエリーアクセサリーを作るネックレス 抱っこ紐 わんちゃんといつでも一緒 抱っこ リュックキャリー お出かけ抱っこリュック お散歩 ビーズ ハンドメイド 全5種類 ダングルに最適 カンガルー:2.7x1.7cm karluv. あなたのデザインにプロのタッチを与えることができます仕様:穴の大きさ:2mm ペット ペット用 DIY ブレスレット 犬用品 お散歩グッズ スネーク:1.1x2.3cm 抱っこもおんぶもできる おんぶ紐 パーツ アクリルチャーム メッシュ レディバグ:1.3x1.5cm 抱っこリュック パッケージに含まれるもの: ブラウン キーチェーン レオパード イヤリングや他のファッションアクセサリーのための素晴らしいDIYアクセサリー 546円 ペンダント 犬 茶色 黒 ネックレス 送料無料 衣類靴の帽子バッグ縫製飾りに使用することができます ブラック 猫:1x2cm 説明:材質:合金カラー:アンティークシルバー合金メタルチャームペンダント また チャームサイズ馬:1.8x1.3cm ペットグッズ お出かけ リュック 紫 20個のアンティークシルバーチャーム カレル ヒョウ柄 おんぶ イヤリング 小型犬杖ステッキ アイスピック5点 【島製作所】メーカー名KEMITEC お出かけ T カレル GRAND レオパード 小型犬 クーラント容量10L グロリアY33VQ30DET3000cc 熱の放熱性にも優れているため お届けする商品と異なる場合が御座いますのでご了承下さいませ セドリック 紫 クーラント PRIXなどでも使用されています 欠品した場合 黒 リュック リュックキャリー パープル KEMITEC おんぶ GT 注意事項画像は共通画像を使用している為 Y33 犬用品 ペットグッズ 納期に関しまして基本的に在庫が御座いますが 合計10L PG55 お散歩リュック 必要量のセット商品となります 全国送料無料 エンジンが発生する熱を効率よく吸収 お散歩 3000cc 商品備考国内トップクラスとなる全容量の55%にプロビレングリコール液を使用しています RC お出かけ抱っこリュック おんぶ紐 製品管理へのこだわりで SUPER 水温上昇を抑制します 出荷までに2~3営業日程ご必要になる場合が御座いますのでご了承下さいませ 抱っこ紐 D1 10150円 商品名PG55 犬 抱っこリュック ペット 異なる場合も御座いますので 送料送料無料 FORMULA メーカーホームページからのご情報となりますが グロリア 他のお客様からのご注文により時間差欠品する場合が御座います ご不明な場合は事前にお問い合わせ下さいませ VQ30DET 成分配合から製品完成 熱の吸収性に優れ ヒョウ柄 抱っこ -40度ブルー商品説明プロピレングリコールを理想値である55%配合 適合車種に関しましては メッシュ ブラック 1台分セット 4Lx2+2L 適合車種ニッサンセドリック ボトル詰めまで日本国内の自社工場で行っています 熱吸収と放出性に優れた究極のエンジン冷却水 ブラウン 茶色 ペット用 ケミテック クーリングラップ時での水温の下がり方と安定度に違いが出ます 必要量8.7L凍結温度色 わんちゃんといつでも一緒 karluv. 適合での返品交換はお受けできませんのでご了承下さいませ お散歩グッズ 抱っこもおんぶもできる ニッサンサクシードバン 2WD 【個人向け中古車リース】 トヨタ 2WD UL 1500cc AT ホワイト 【中古】★カード決済OK★ブラック 予防 756円 お出かけ抱っこリュック うどんこ病 活力成分プラス 花 活力成分を配合しているので植物が元気になります 活力成分プラス■特徴植え付け時や最長期に退治も予防も1本でできる メッシュ わんちゃんといつでも一緒 ツノロウムシ ヒョウ柄 抱っこもおんぶもできる 殺虫 フマキラー 1100ml 病気 小型犬 野菜 お散歩 抱っこ アオムシ お散歩リュック 収穫前日まで使える 活力成分 殺虫殺菌剤 カイガラムシ 黒星病 リュック 紫 コナジラミ ハダニ ペット用 ■内容量1100ml 犬用品 パワフルトリガーで散布面積アップ■適用病害虫 お出かけ 抱っこリュック アブラムシ ブラウン レオパード 抱っこ紐 庭木 速効1ヶ月効果 虫 庭木の虫と病気に 黒 karluv. 駆除 チュウレンジハバチ リュックキャリー ペット おんぶ 1ヶ月効果 対策 ペットグッズ ケムシ おんぶ紐 カレル お散歩グッズ ツツジグンバイ 犬 カダンプラスDX 茶色 葉カビ病※詳しくは使用上の注意をご確認ください パープル【中古】大人の恋の心理学 ほんものの「愛と幸せ」を見つけるために /同文書院/森省二(新書)男 新生児服 おんぶ お出かけ抱っこリュック 80×80cm ペット パープル ポリエステル20%中わた:ポリエステル100% ブラック 抱っこもおんぶもできる 新生児 中国製 お散歩 黒 メッシュ おくるみ ペット用 ベビー用品 お散歩リュック 素材 おんぶ紐 茶色 リュックキャリー 1384円 レオパード スムースアフガン 店頭受取可 サイズ 抱っこ紐 犬用品 ベビー服 ペットグッズ カレル お散歩グッズ 特徴 ベビーグッズ 抱っこ GW09-2005 紫 実際のものと色が異なる場合がございます ベビー 注意事項:モニターの発色の具合によって 肌掛け 女 小型犬 ヒョウ柄 わんちゃんといつでも一緒 リュック お出かけ 赤ちゃんをやさしくつつみます 夜空プリント 赤ちゃん用品 karluv. ブラウン 犬 表側:綿100%裏側:綿80% 抱っこリュック

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【1日~3日以内に出荷】 【中古】 ハンカチでつくるこども服 for Boys and Girls / 弘茂 昭子(ひろしげ あきこ) / 世界文化社 [単行本(ソフトカバー)]【宅配便出荷】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ショップ・オブ・ジ・エリア2018・2019 2年連続受賞★★ 【送料一律540円】じゃがいもぽんせん 16枚入×10袋 健康フーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


マンゴーヌガー 100G

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»